マネー本200冊読んだ私がおススメする書籍ベスト10!

この記事では、マネー本を200冊(300冊?)読んだ私が、

資産形成を加速するためにおススメしたい書籍ベスト10を紹介します!

最低でも、ベスト4の本(または類似本)は絶対に読んでおきたいですね。

第1位 節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本

お金の勉強を始めたい!という方におススメの必読本です。

基礎の基礎が詰まっているので、これから学ぶという人はこれを読みましょう。

第2位 株・投資信託・iDeCo・NISAがわかる 今さら聞けない投資の超基本

こちらも投資の基本がぎゅっと詰まっているのでおススメです。

イケイケの投資家ではなく、中立のFP(ファイナンシャルプランナー)が書いた本なので、私たち一般人にも易しい1冊です。

第3位 敗者のゲーム

投資のマインドが身に着きます。

投資は勝ちを目指すのではなく、負けないことを目指すゲームだということが分かります。

投資をするなら必ず読んでおきたい名著です。

第4位 いらない保険

保険はいらない。この意味がよく分かる1冊です。

保険について書いた本は、1冊は読んでおきたいですね。

第5位 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

お金のマインドが書かれた有名な1冊です。

マンガ版はさくっと読めておススメですね。

第6位 貯金感覚でできる3000円投資生活DELUXE

インデックス投資ってどうやるの?

この考え方が身に着く1冊です。

第7位 アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

内容が充実した1冊です。

お金のことだけでなく、キャリアや人生についても知ることができるおススメの1冊です。

第8位 共働き夫婦のお金の教科書 2人で働き続ければ生涯6億円が得られる

こちらは、夫婦であれば必ず読みたい1冊。

共働きがなぜ重要か、その意味が分かります。

第9位 本当の自由を手に入れるお金の大学

お金の節約法、投資法が書かれた1冊。

面白く読みやすい。

第10位 FP(ファイナンシャルプランナー)のテキスト

変わりダネとして、FP資格のテキストがおススメです。

いわゆる他の書籍とは違って、資格取得という側面の本ですが、この知識は約に立ちます。

以上、10冊の本を紹介しました。

ここで紹介した本が絶対というわけではありませんが、各自のレベルに合わせて参考にしてみてくださいね。