なぜ「全世界株」への「長期投資」をすれば、30年で5000万円の資産が作れるのか?【第2話】

なぜ「全世界株」への「長期投資」をすれば、30年で5000万円の資産が作れるのか? ラーニングカレッジ 中村俊也

「投資で数千万円の資産が増やせるって本当なの?」

こんな疑問に答えます。

「時間をかけてコツコツ投資をすれば、数千万円の資産が作れる」というのは、本当の話です。

では、「どのくらいの金額」を、「どのくらいの期間」運用すると、大きな資産を作れるのでしょうか?

シミュレーションの結果によると、

「世界全体の株式」へ毎月5万円の投資をすれば、30年で5,000万円の資産が作れます!

これは魅力的ですよね。

では、30年で5,000万円という根拠はどこからくるのでしょうか?

ここでは、「投資のシミュレーション」や「複利効果」、「世界全体の株価の成長率」などの理解を通じて、

「全世界株投資」の数字の根拠や、魅力をお伝えしますね!

【注意!】実際の投資にはリスク(ブレ)があり、シミュレーション通りにはいきません。
リスクについては別で解説するので、ここでは増える仕組みに注目して解説します。

本記事は全世界株投資「第2話」です。第1話はこちら↓

この記事を書いている人

中村俊也

家計改善&運用アドバイザー / 中村俊也(なかむらとしや)

金融商品の販売をしない中立の立場から、生活費の削減方法や、長期的な資産運用の方法を教えている。ラジオ番組のレギュラーや、メルマガでの情報発信、セミナーなどを行っている。

無料の動画講座&メールマガジンはこちら

投資のシミュレーションをしてみよう

「30年で5,000万円が期待できる」という話は、決して詐欺でも誇張でもありません。

その証拠を、「投資のシミュレーションサイト」を使って調べてみましょう。

WEBサイトで「投資 シミュレーション」と検索すれば、いくつかのシミュレーションサイトがヒットするので、

今回は「SBI証券の積立シミュレーション」を使ってみます。

以下の条件でシミュレーションしました。

  • 毎月積立額5万円
  • 積立期間30年
  • 利回り(年率)7%

その結果がこちら。

SBI証券 積立シミュレーション

シミュレーションの結果、

  • 積立元本・・・・1,800万円
  • 運用収益・・・約4,220万円
  • 最終金額・・・約6,020万円

なんと、30年後の想定金額は6,020万円!

金利がつかない銀行では1,800万円のままですが、金利7%で30年運用できれば、これだけの金額になるのです。

夢がありますね~。

もちろん、このシミュレーションでは税金や手数料を考慮していないので、実際に受け取れる金額はもっと少なくなります。

とは言っても、「つみたてNISA」や「iDeCo」を使えば、税金は非課税になります。

また、「ネット証券」の「インデックスファンド」なら、運用手数料もかなり低く抑えられます。

そう考えると、税金や手数料があったとしても、6,000万円は十分に現実的な数字。

少なく見積もっても、5,000万円は期待できるという理屈です。

「毎月5万円のつみたてを30年すれば5,000万円になる」という話は、決して詐欺でも大げさな数字でもないのですね。

人類最大の発明「複利」とは?

投資で大きな資産を作るには、「長期投資」が必要です。

なぜなら、長い時間をかけて投資をすることで、大きな「複利効果」が出るからです!

複利とは、「利息に利息がつき、雪だるま式にお金が増えていく仕組み」のこと。

複利は、アインシュタインが「人類最大の発明」と称するほど強力な仕組みで、

賢く活用することで、加速度的に資産を増やすことができます。

※逆に「借金」の場合は、複利の効果で「借金が借金を生み出す地獄ループ」を生み出します。ご注意を!

ここでは「100万円の元金に年間10%の金利がつく」という仮の条件で、複利効果について説明します。

1年目は、100万円の元金に10%の金利が付くので、利息は「10万円」。110万円になります。

2年目は、110万円の元金に10%の金利が付くので、利息は「11万円」。121万円になります。

3年目は、121万円の元金に10%の金利が付くので、利息は「12.1万円」。133.1万円になります。

複利効果で、100万→110万→121万→133.1万と増える

ここで注目して欲しいのが、「利息」の金額。

10万円→11万円→12.1万円→・・・のように、

利息の金額はどんどん大きくなっていますね。

これが、複利の効果。

元金に利息がつくだけでなく、利息に対しても利息がつくので、雪だるま式に資産が増えていきます。

そして、この複利効果は、時間が経てば経つほど強力になります。

複利効果で、10年後に236万、30年後に1586万に

最初は100万円だった金額が、

  • 10年後・・・236万円!
  • 20年後・・・612万円!
  • 30年後・・・1,586万円!

なんと、ここまでの大金に化けるのです!

すごくないですか?

もちろん、実際には「リスク」があるので、ここまで単純ではないですけどね。

時間をかけてじっくりと複利効果を発揮すれば、数千万、あるいは1億円という金額だって夢ではないのです。

さすが、「人類最大の発明、複利」ですね!

もしあなたが投資をして大きな資産を作りたいと思うのなら、

  • 時間をかけて、
  • 複利効果を使う!

ここは絶対に押さえてくださいね!

世界全体の株価は年7%で成長している

最初のシミュレーションでは、「毎月5万円を年利7%で30年間つみたて投資すれば、5,000万円の資産になる」ことを説明しました。

では、「年利7%」の根拠とは何でしょうか?

「年利7%」とは、実は「世界全体の株価の成長率」を表す数字なのです。

もしあなたが「世界全体の株式」に連動する投資をすれば、「年利7%」の成長率で、あなたの資産も増えるでしょう。

今の時代、日本の銀行金利はほぼ0%

銀行に預けていてもお金はほとんど増えませんから、全世界株投資はすごく魅力的と言えます。

世界全体の株価は、「My Index(マイ・インデックス)」というWEBサイトで検索することができます。(神サイトなので要ブックマーク!)

My Indexの画面で、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」という指数を検索してください。

この指数は「世界全体の株価を示す」ものです。

世界全体の過去20年の株価 マイインデックスより
世界全体の株価 青はMSCI ACWI、黒はTOPIX(マイインデックスより)

グラフの青の曲線は、世界全体の株価を示します。

過去20年の動きを見ると、値下がりする時もありますが、全体としては、右肩上がりに上昇していますね(点線)。

その平均値は「年利7%」くらい。

このデータこそが、世界の株価が年利7%で成長している証拠なのです。

世界の株価が成長する理由は、私たち人類が進歩しているから。

人口が増え、技術や生活水準が向上する限り、株価は成長し続けます。

もちろん、短期的には暴落が起きて値下がりすることもあります。

しかし、20年、30年という長期で考えれば、世界経済が衰退するなんて、まず考えられないのです。

長期では、世界の株価はほぼ間違いなく成長を続けるでしょう。

だから私は、皆さんに「全世界株」の「長期投資」をおススメしています。

あなたは、

  • 金利がつかない銀行預金
  • 毎年7%で成長する全世界株

どちらが魅力的だと思いますか?

短期的には、元本が保証される銀行預金が魅力的かもしれません。

しかし、長期で見た場合は、世界全体の株価に資産を預けておくほうが、はるかに賢い選択です。

もし長期で運用できる人なら、勇気を出して全世界株投資に挑戦して、資産形成を進めて欲しいなと思います。

まとめ

今回は、「全世界株」へ毎月5万円の投資をすれば、30年で5,000万円の資産が作れるという話をしました。

「全世界株 」への「長期投資」で、30年で5,000万円の資産が作れる

  • 毎月5万円のつみたて投資をシミュレーションすると、30年で5,000万円になる
  • 長期投資をすると、複利効果がどんどん強くなる!
  • 複利とは、「利息に利息がつき、雪だるま式に資産が増えること」
  • 世界全体の株価は、年7%程度で成長している
  • 長期で資産運用できるなら、全世界株で年7%のリターンを狙っていこう!

ぜひ「全世界株」への「長期投資」を始めて、大きな資産を作ってください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

「第3話」はこちら↓

この記事を書いている人

中村俊也

家計改善&運用アドバイザー / 中村俊也(なかむらとしや)

金融商品の販売をしない中立の立場から、生活費の削減方法や、長期的な資産運用の方法を教えている。ラジオ番組のレギュラーや、メルマガでの情報発信、セミナーなどを行っている。

中村俊也メールマガジン 過去配信