長期投資なら「株式の投資信託」を選びなさい!【第4話】

長期投資なら「株式の投資信託」を選びなさい!

「長期投資をするなら、どんな投資法がいいの?」

こんな疑問に答えます。

世の中には、

  • 株式
  • 債券
  • 不動産
  • FX
  • 仮想通貨
  • 投資信託

など、数多くの投資法があって、「どれを選んでいいか分からない!」と思う人も多いでしょう。

ずばり結果からお伝えすると、

長期投資なら、「株式の投資信託」がベストです!

株式投資信託の魅力をしっかりと理解すると、あなたの投資の成功率はぐぐっと上がりますから、ぜひ押さえてくださいね!

本記事は全世界株投資「第4話」です。第3話はこちら↓

この記事を書いている人

中村俊也

家計改善&運用アドバイザー / 中村俊也(なかむらとしや)

金融商品の販売をしない中立の立場から、生活費の削減方法や、長期的な資産運用の方法を教えている。ラジオ番組のレギュラーや、メルマガでの情報発信、セミナーなどを行っている。

無料の動画講座&メールマガジンはこちら

株式は過去200年で60万倍になっている!

数ある資産の中でも、株式はぶっちぎりの成長率を誇ります!

極端な話をすれば、「長期投資なら、株式以外の資産を持つ必要はない!」と言っていいくらい、圧倒的に優秀な投資先です。

その証拠がこちらのグラフ。

こちらは、過去200年のアメリカの各資産の推移を示したグラフです。(出展:株式投資第4版 ジェレミー・シーゲル/日程BP出版)

さてここで問題です。

資産A~Dは何でしょうか? 候補:国債、現金、株、金

過去200年の資産の値動き 資産A~Dは何?

資産Aは、他の資産とは比較にならないほど価値が上がっています。

資産Bは、資産Aほどではありませんが、堅実に成長しています。

資産Cは、200年前とほとんど価格が変わっていません。

資産Dに至っては、時間とともに価値が下がっています。

さて、分かりましたか?

では、答え合わせをしましょう!

過去200年の資産の値動き 株価は60万倍に!

資産Aは「株式」です。

なんと、過去200年間で、価格が「60万倍」にも膨れ上がっています!

これはすごい!

他の資産とは比べ物にならない、圧倒的な成長率を誇っていますね。

もちろん、短期的には暴落が起きることもありますが、

長い目線で見れば、暴落を乗り越えて株価はぐんぐん成長しています。

これこそが、「長期投資なら株式一択」と言われる理由であり、今後も大きな成長が期待できるでしょう。

他の部分に目を向けると、

資産Bの債券(国債)は、ゆるやかに価格が上昇。

資産Cの金は、長期でみれば価格が変わらない資産。

資産Dの現金は、過去200年で価格が14分の1まで下落しています。

ですから、債券や金は、「安定した守りの資産」であり、

現金は、「長期的に見れば危険な資産」であることが分かりますね。

長期投資なら株式一択!

まずは株式への投資を考えるようにしましょうね!

個別株投資より、株式投資信託の方が楽ちん♪

先ほど「株式」の魅力をお伝えしましたが、株を1社ずつ買う方法はオススメしません。

「個別株投資」よりも、「株式投資信託」の方がはるかに簡単に株式投資ができます。

個別株より、株式投資信託が楽チン

個別株投資」とは、個別の企業の株式を1つ1つ選んで投資する方法で、投資先の銘柄を自分で選ぶ必要があります。

投資結果は1つの企業の株価に依存するので、ハイリスク・ハイリターンな投資。

銘柄選びや、売買のタイミングなど、プロでも難しい投資判断が必要になります。

一方で「株式投資信託」とは、投資信託によって株式を「セット買い」する方法です。

投資信託は、言ってみればセット商品。

投資信託を1本買うだけで、数百社、数千社の株を一括で買うことができます。

ですから、投資先の銘柄を自分で選ぶ必要はありませんし、比較的安定したリターンを得やすい手法と言えます。

個別株投資VS株式投資信託

×個別株投資・・・高リスクで、難しい投資判断が必要

〇株式投資信託・・低リスクで、プロにお任せで簡単に運用できる

一般人が投資をするなら、投資信託を使った株式投資、「株式投資信託」への投資がオススメですよ!

不動産投資は難しい!

不動産投資は、株式投資と並ぶ王道の投資の1つですが、一般人には難しい投資法です。

不動産投資で利益を上げる方法は、

  1. 不動産を安く買って高く売る方法
  2. 家賃収入を得る方法

この2つがあります。

このうち1つ目の方法はかなりハイレベルで、初心者が手を出せる方法ではありません。

そうなると不動産投資とは、必然的に「2、家賃収入を得る方法」に限られるのですが、これは投資というよりビジネスの世界です。

建物や土地を人に貸す「レンタルビジネス」であって、単純な投資とはわけが違います。

(税金上では、不動産の収入は「不動産所得」として計算されます。これを見ても、不動産はビジネスとしての性質が強いことが分かりますね)

しかも、元手が最低でも500万円は必要です。

銀行から借金して投資する方法もありますが、一歩間違えれば人生を棒にする方法ですからね・・・

こう考えると、不動産投資はあくまでお金持ちの投資法。一般の人には、ハードルが高過ぎますね。

もしあなたが、

  • 大きな資産を持っている
  • 土地などの不動産を持っている
  • 資産家で、節税対策がしたい

こんなケースなら、不動産投資も良いでしょう。

しかし、こうした例に該当しないなら、無理して手を出す必要はありません。

ほとんどの人にとって、不動産投資は一生手を出す必要のない投資法だと、知っておきましょう。

ちなみに余談ですが、

不動産投資業界は、「詐欺」や「ぼったくり」がとんでもなく多い世界です。

お気をつけください。

ゼロサムゲームに手を出すな!(FX・仮想通貨)

FXや仮想通貨は「ゼロサムゲーム」と呼ばれ、資産運用とは別物だと考えましょう。

FX・・・Foreign Exchangeの略で、ドル・ユーロ・円などの「外国為替取引」を指します。
仮想通貨・・・ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)の取引を指します。

よく、「FXでお金持ち!」「ビットコインで億り人に」なんて華やかなニュースを聞くかもしれませんが、

これは、ただのギャンブルの世界。

誰かのお金を奪って自分のものにしているだけ。

投資とは全く別物と考えてください。

例えば、AさんとBさんが、それぞれ100万円ずつ持っていたとしましょう。

Aさんの成績は+20%、120万円になりました。

Bさんの成績は-20%、80万円になりました。

このとき、2人の合計金額は200万円のままで、新しく資産が増えているわけではありません。

Bさんの失った20万円が、Aさんの手元に動いただけです。

ゼロサムゲーム 120万円、80万円に

このように、資金の合計額が「プラスマイナスゼロ」になるマネーゲームを、ゼロサムゲーム※と呼びます。

※「合計金額(SUM)」が「ゼロ」になるマネーゲーム

ドル・円・ビットコインなどの通貨や、金(Gold)などの現物は、それ自体が価値を生むことはありません。

誰かのお金を、誰かの元に動かしているだけですから、株や債券とは根本的に異なる資産だと考えて下さい。

さて、このゼロサムゲームについて、99%の人が勘違いしていることがあります。

それは、「半分の確率で勝てる」という思い込みです。

確かに1年目は、勝ち負けの確率は50%。

しかし不思議な事に、時間が経てば経つほど負ける(元本割れする)確率は上がっていくのです。

ゼロサムゲームは、1人勝ちを生む

「え?どういうこと?」

と思った方のために、すごく簡単に説明します。

ゼロサムゲームは1人勝ちを生む

100万円を持っていた人が4人いて、プラスマイナス20%の値動きがあるとすると、

1年後には、120万円、80万円に、

2年後には、144万円、96万円、96万円、64万円になります。

なんと、4人中、3人が元本割れしていますね?

「半分の確率で勝てる」のではなく、「高確率で負ける」のがゼロサムゲーム、ギャンブルの世界なのです。

複利効果によって、

豊かになる人はものすごい勢いで豊かになり、それ以外の人はほとんどが負ける。

これが、今の資本主義経済の動かぬ真実なのです。

「ビットコインで億り人に!」なんてニュースの裏側には、たくさんの犠牲があったんですね。

さらに、話はここで終わりません。

厳密に言えば、FXや仮想通貨はゼロサムゲームではなく、

合計金額がマイナスになる、マイナスサムゲームなのです。

実際には、「手数料」や「税金」がかかる分だけ、受け取れる資産が減ってしまいます。

手数料の大きな「マイナスサムゲーム」はひらすら負ける

手数料の大きなマイナスサムゲームは、ひたすら負ける

数ある投資の中でも、手を出したくない方法ですね…。

一方で、株や債券は、企業の活動、人の経済活動によって、その価値が上がっていきます。

このように、全体の資産総額が増えていくものを、プラスサムゲームと呼びます。

「プラスサムゲーム」は高確率で利益が出る

先ほどまでと同じシミュレーションをすると、多くの人が利益を出しており、

長期になればばるほど、勝てる確率も上がるのです。

長期投資をするなら、プラスサムゲーム一択です。

FXや仮想通貨に手を出したくなるかもしれませんが、絶対に手を出さないようにしましょうね。

中級者以上は、守りの投資も有効です(債券・金)

もしあなたが投資中級者なら、守りの投資も有効です。

具体的には、

  • リスクの低い「債券
  • 安定資産の代名詞である「
  • 株と違う値動きをする「不動産

このあたりが代表的な資産ですね。

これらの資産は、「お金を守りたい」という人に向けた方法であり、

「お金を増やしたい」というステージの人には、まだ不要な方法です。

これから投資を始める!という人は、まずは株式投資信託を!

運用額が大きくなってきたら、債券を組み込むなどの方法を検討しましょうね。

まとめ

本記事では、「長期投資なら株式の投資信託がベスト」というお話をさせていただきました!

長期投資なら株式の投資信託がベスト

  • 株式は200年で60万倍という圧倒的な成長率を誇る!
  • 個別株投資より、株式投資信託の方が楽チン♪
  • 不動産投資は難しい!
  • ゼロサムゲームには手を出すな!(FX・仮想通貨など)
  • 中級者以上は、守りの投資も有効です(債券・金など)

株式投資信託を使って「全世界の株式」へ「長期投資」ができれば、大きな資産も狙えるでしょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次回はこちら↓

この記事を書いている人

中村俊也

家計改善&運用アドバイザー / 中村俊也(なかむらとしや)

金融商品の販売をしない中立の立場から、生活費の削減方法や、長期的な資産運用の方法を教えている。ラジオ番組のレギュラーや、メルマガでの情報発信、セミナーなどを行っている。

中村俊也メールマガジン 過去配信