キャリアチェンジを考えやすい 3つの年齢

キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢 ラーニングカレッジ キャリア教育の専門家 中村俊也

今回は、キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢というお話をします。

「人生には、転職や起業などのキャリアチェンジを考えやすい年齢がある」と言います。それが次の3つ。

キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢

  • 社会人1~3年目の「リアリティ・ショック」
  • 26~34歳の「アラサー・クライシス」
  • 40代・50代の「ミッドライフ・クライシス」

本記事では、この3つの解説と、その対処法をお話します。

この記事を書いている人

中村俊也

キャリア支援の専門家 / 中村俊也(なかむらとしや)

①高校教師→②大学キャリアセンター→③国家資格キャリアコンサルタントという経歴を持ち、これまでに数百名の進学・就職・転職を支援してきた、キャリア支援の専門家です。

2021年には、キャリア教育の専門性が評価され、書籍「もし高校生にこれからの生き方を聞かれたら」を出版。現在は、高校・大学・各種公的機関などで、キャリアに関する講演活動なども行っています。

  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • JCDA(日本キャリア開発協会)認定キャリアアドバイザー
  • 進路アドバイザー
  • 静岡文化芸術大学キャリアガイダンス講師 など

個別相談ご希望の方には、1対1のオンラインキャリア相談を行っています。良ければご利用ください。

「60分で、頭の中を見える化する」 オンラインキャリア相談はこちら

①社会人1~3年目の「リアリティ・ショック」

①リアリティショック キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢 ラーニングカレッジ キャリア教育の専門家 中村俊也

キャリアチェンジを考えやすい1つ目の年齢が、

社会人1~3年目で訪れる『リアリティ・ショック』

です。

学生から社会人になりたての時期は、理想と現実のギャップを感じやすいもの。

「あれ?イメージと違った・・・」

「こんなことがやりたくて入社したんじゃないのに・・」

なんて感覚を抱きやすい時期です。

初めての社会人生活に戸惑うのは、当然と言えば当然。

そういった理由からも、離職や転職が激しい時期です。

②26~34歳の「アラサー・クライシス」

②アラサークライシス キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢 ラーニングカレッジ キャリア教育の専門家 中村俊也

キャリアチェンジを考えやすい2つ目の年齢が、

26~34歳で訪れる『アラサー・クライシス』

です。

自由と可能性で溢れていた20代から、可能性が限定されていく30代に向かう中で、葛藤が生まれやすくなると言います。

(私は完全にこのパターンでした)

結婚・出産・転職などで自由が制限されたり、同世代で出世する同僚や友人との比較で、もやもやしがち。

また、30歳も近づくと、自分の限界も分かってくるので、

「あ~、自分って意外と大したことないな」

「自分にできることなんて限られている」

という、無力感(アパシー)を感じやすいと言います。

中には、

「私の人生、本当にこれでいいの?」

と悩み、転職等に踏み切る人もいますよね。

これが30歳前後に特有の、アラサー・クライシスです。

③40代・50代で訪れる「ミッドライフ・クライシス」

③ミッドライフクライシス キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢 ラーニングカレッジ キャリア教育の専門家 中村俊也

キャリアチェンジを考えやすい3つ目の年齢が、

40代・50代で訪れる『アラサー・クライシス』

です。

別名、

「人生最大の危機」

とも言われ、

子の独立、身体の衰え、仕事に対する後悔などから、

『私の人生、本当にこれでいいの・・・!?』

と、葛藤を抱きやすい時期だそうです。

それまで大人しかった人が、突然転職をしたり、趣味に走ったり、高額な買い物をしたり、周囲をあっと驚かせる行動を取ることもあります。

中には、いわゆる「うつ病」などの精神疾患にかかってしまう人もいます。

それだけ、この中年期は難しい時期。

特に、「若いうちに挑戦できなった」とか、「本当はもっとやりたいことがあった」という想いを抱えている人ほど、こじらせる可能性が高いといいます。

モヤモヤへの対処法

モヤモヤへの対処法 キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢 ラーニングカレッジ キャリア教育の専門家 中村俊也

最後に、モヤモヤした時の対処法を2つお伝えします。

1つ目は、「誰かに相談する」こと。

家族・友人・同僚・上司など、モヤモヤした時は、誰かに相談するのが一番です。

人の思考は、話すことでスッキリするものですからね。

2つ目は、「環境を変える」こと。

環境を変えると気分が変わりますし、新しい発見があるものです。

例えば、

  • 付き合う人を変える
  • 新しいコトを始める
  • 旅に出る
  • 住む場所を変える(引越し)
  • 働く場所を変える(転職)

などなど。

もちろん、引っ越しや転職は大きな決断や痛みを伴いますので、まずは小さなことから始めてみましょう。

まとめ

今回は、キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢と、その対処法についてお話ししました。

キャリアチェンジを考えやすい3つの年齢と対処法

①社会人1~3年目 「リアリティ・ショック」

・②26~34歳  「アラサー・クライシス」

・③40代・50代 「ミッドライフ・クライシス」

・モヤモヤの対処法 ①相談する(オススメ) ②環境を変える

人生には、浮き沈みがあります。

「悩みやすい時期があるんだ」と知っているだけでも、心が軽くなると言いますので、よかったら豆知識として押さえておいてくださいね。

この記事を書いている人

中村俊也

キャリア支援の専門家 / 中村俊也(なかむらとしや)

①高校教師→②大学キャリアセンター→③国家資格キャリアコンサルタントという経歴を持ち、これまでに数百名の進学・就職・転職を支援してきた、キャリア支援の専門家です。

2021年には、キャリア教育の専門性が評価され、書籍「もし高校生にこれからの生き方を聞かれたら」を出版。現在は、高校・大学・各種公的機関などで、キャリアに関する講演活動なども行っています。

  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • JCDA(日本キャリア開発協会)認定キャリアアドバイザー
  • 進路アドバイザー
  • 静岡文化芸術大学キャリアガイダンス講師 など

個別相談ご希望の方には、1対1のオンラインキャリア相談を行っています。良ければご利用ください。

「60分で、頭の中を見える化する」 オンラインキャリア相談はこちら